CSR概要と活動

E&Mグループは社会に貢献し、共に歩み未来を担う活動をしています。

組織統治

CSR活動の要は、組織のあり方だと考えています。組織全体が、組織の中の個人が、道を誤ることが無いように、それを支える理念が必要になります。イー・アンド・エムグループでは創業時より「3つの精神」に基づいて健全な経営体制を整え、お客様に信頼される会社を目指しています。

3つの精神

イー・アンド・エムグループでは判断に迷ったとき、この3つの精神を軸として行動することが求められています。
この3つの精神に基づいて行動をすれば、イー・アンド・エムグループの企業活動に関わるすべての人に対して責任を果たすことができると考えています。

  • いつも「誠実」であること
  • 「公正・正義」を旨とすること
  • 如何なる場合も「最善の努力」」をすること

3つの精神

グループ倫理規定

イー・アンド・エムグループで社内外における行動の規範、基準として、以下の倫理規定を設定しています。

目的.

本倫理規程は、EMGのすべての役員および従業員(以下、「私たち」という)が企業の社会的責任を深く自覚し、日常の業務遂行において関係法令を遵守し、社会倫理に適合した行動を実践するために規定を作り、これをEMG倫理規定としてここに定める。

基本理念.
  1. 私たちは、「創業3つの精神①誠実、②公正・正義、③最善の努力」の創業者精神にのっとり、人間の暮らしにとって大切な情報の円滑な交流に役立つソフトウェアとサービスの創造開発に努める。
  2. 私たちは、EMGの一員としての誇りを持ち、世の中から必要とされ、信頼される人間であらねばならない
  3. 私たちの仕事の目的は、顧客から絶対的な信頼をいただくことを第一とし、人々の生活に喜び・楽しさをもたらすソフトウェアとサービスを提供することである。
  4. 私たちが行うすべての企業活動は、公正な商慣習に従って行われ、かつ透明であるように努める。
行動規範.
  1. 株主、顧客、取引先等すべての利害関係者と公平・公正で透明な関係を維持する。
  2. すべての人の基本的人権を尊重し、国籍・民族・宗教・性別・年齢・社会的身分・障害の有無等の理由によって、個人の尊厳を傷つける行為は行なわない。
  3. 個人と社会集団(企業や団体)の快適な活動に役立つソフトウェアとサービスの創造開発に努める。
  4. その品質に起因する問題には、誠実・迅速に対応して解決を図る。
  5. 業務上において営利を追求するあまり、社会的良識とかけ離れた判断・行動をとってはならない。
  6. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体とは一切の関係を遮断する。
  7. 企業情報の開示に努め、インサイダー取引となる行為、未公表の情報を利用した第三者への利益提供・便宜供与は、行なわない。
  8. 企業秘密に属する情報は、厳重に管理し、在職中および退職後を問わず、また取引先/関係客先に関するものも含めて社外へ開示・漏洩してはならない。
  9. 知的財産権の維持・確保に努め、同時に他者の知的財産権を尊重し、侵害または不正使用を行わない。
  10. 職務上の立場を利用して、取引先から個人的な利益・便宜の供与を受けてはならない。
  11. 地域社会と密接な連携・協調を図り、積極的な地域貢献に取り組む。
  12. これら行動規範は、時代や社会的要請の変化に応じて変わることがある。従ってここに記されない問題はすべて基本理念に添って判断・行動する。
  13. EMGの業務活動の中で前項迄に記述されたものを否定するような命令、指示が存在してはならないことをここに確認する。

経営トップによる経営方針の発信

イー・アンド・エムグループでは、経営者からのメッセージを従業員に伝える機会を大切にしています。
どんなに素晴らしい理念でも、それを共有し、全従業員が一丸となるまでには、何十年という年月が必要だと考えています。
「100年後も必要とされる企業」とは、常にそうした努力を続ける企業ではないかと思います。

コーポレートガバナンス体制

イー・アンド・エムグループでは、下図の体制で組織運営を行っています。

EMG組織図

このページの先頭へ