OJTの場面 例

レビュー

 業務工程ごとの自身の成果物を上司やエキスパートがチェックし、下のEMG品指標に基づき、品質向上とともに自身の能力向上を図る。

進捗会

 自身の抱える業務の課題(リスク)を見える化し、課題解決をチームで推進する。

EMGの品質指標 例

1]新規・改修(AP / IF / バッチ)

フェーズ名 指標値 摘出手段
基本設計
BD
1KL当たりの設計書枚数 4.6枚 -
  1KL当たりのバグ摘出件数 0.7件 レビュー
機能設計
FD
1KL当たりの設計書枚数 7.5枚 -
1KL当たりのバグ摘出件数 1.0件 レビュー
詳細設計
DD
1KL当たりの設計書枚数 25枚 -
1KL当たりのバグ摘出件数 4.6件 レビュー
コーディング
CD
1KL当たりのバグ摘出件数 6.1件 レビュー
単体試験
UTW、UTB
1KL当たりのテスト件数 75件 -
1KL当たりのバグ摘出件数 3.1件 テスト
結合試験
IT
1KL当たりのテスト件数 35件 -
1KL当たりのバグ摘出件数 2.1件 テスト
総合試験
ST
1KL当たりのテスト件数 15件 -
1KL当たりのバグ摘出件数 0.4件 テスト
出荷後 バグ摘出件数 0件 -