社員座談会

社員座談会

先輩達のここでしか聞けない本音トーク!!

開発エンジニア

T.T

T.Tさん

電気系大学院卒 入社4年目

開発エンジニア

Y.Y

Y.Yさん

情報系学部卒 入社4年目

開発エンジニア

M.M

M.Mさん

情報系大学院卒 入社4年目


動画の内容の書き起こしは以下から

企業探しでは自分が譲れないポイントを大切にする

Q1:数多くあるIT企業の中から、どのような経緯で当社を選んだのですか?

TTさんの写真

T.Tさん

私は院卒なんですが、学部時代と大学院時代の両方とも学内会社説明会でのブース内で説明を受けているので、その時点で2回聞いています(笑)。
同じ研究室の先輩が当社に入社していたのは知っていましたが、直接のきっかけは学部時代に会社説明で対応していただいた社員さんが、とても丁寧に親身に話をしてくれたことが記憶に残っていたからです。
なので他の企業には目もくれず、早い時期から当社に入社したいと心に決めていたので、他の会社のことはよく知りません(笑)

Y.Yさん

自分の時も、対応していただいた社員さんの雰囲気が良くて最終的に受けたいと思いました。
当時は自分でも活動したり、友達から情報収集したりしていましたが、自分に合う会社なのか、しっくり来ない時期があって、しばらく思い悩んでいましたね。しかも、東京のIT企業というと多くて・・・。
そんなときに先に入社していた研究室の先輩から、会社の雰囲気を聞いて、興味を持ったので、とりあえずと思って会社説明会に参加しました。
説明会に参加した時期が遅かったためか参加者が少なく、対応して貰った社員さんがすごく感じが良くて、親身になって教えていただいたのが選考に進むきっかけでしたね。 先輩から直接話を聞いて、働きやすそうだと感じたのも、決め手の一つだったと思います。

M.Mさん

私の場合は、勤務地と好きなプログラミングができるかという観点で企業を探していました。
でも実際に就活を始めて見ると、IT企業はたくさんあって、様々な企業をチェックしましたが、入社後に自分がどんな仕事に携わるのか意外とイメージしづらかったです。でも当社だけは、「ソフトウェア開発をバリバリやります」っていうのを明確に押し出していたので目に留まりました。
もう一つは、自分の学校に来て説明会を開いてくれる会社は、その学校の学生を採用したいと思っているので、そういう会社の中から探すと良いと担当教授からアドバイスを貰っていました。
当社はそういう意味で、2つの観点でマッチしたので受けようと思いました。

プログラミングの経験者・未経験者を問わずためになる技術教育

Q2:当社が力を入れている技術教育(新人研修)はいかがでしたか?

YYさんの写真

Y.Yさん

技術教育制度が充実しているかどうかは、会社選びをする上で少し気にしていました。学生時代に少しはプログラミング経験があると言っても、社会に出て通用するか不安でしたので、入社後に教育してくれるのはありがたいと思いました。
実際に受講してみると、すごく分かりやすかったし、幅広く教えて貰ったのは良かったです。あと、自分がプログラミングしたコードを講師にレビューしてもらうのは新鮮でした。

M.Mさん

私の場合は技術教育に力を入れている事については、会社選ぶ上でそこまで気にしてませんでした。けれど実際に研修が始まると、会社説明でアピールするだけの事はあるなと思いましたね。
学生時代はとにかくプログラムしたものを動かすことが優先でしたので「もっと綺麗な、さらに読みやすいコードを書くにはどうしたら良い?」なんて考えていませんでした。
研修の講義で、どのタイミングで四捨五入すれば、より誤差が少なくなるのかという話を聞いたときには感動もしましたし、すごく楽しかったです。

T.Tさん

情報系の学部ではないので、学生時代はプログラミング学ぶ機会があまりなく、ほぼ未経験者でした。なので入社後しっかりとした教育があるかどうかは、気になっていました。入社後に2ヶ月間研修で教えてもらえると聞いたので、自分でもなんとかなるかなと思えました。
実際に受講してみると、自分のようなほぼ未経験者でもついていけたので、とても分かりやすい研修だったと思います。もちろん、すぐには答えが見つからないこともあったので、そのときは講師や周りの同期に聞いたりして、わからないことはそのままにしないようにしていました。

良いシステム開発をするには、達成感と楽しく一緒に働く仲間が必要

Q3:どんな所で仕事のやりがいや当社の働きやすさを感じますか?

MMさんの写真

M.Mさん

私が担当している業務は、最終的にメーカーのHPに掲載されるため、一般の方の目にも触れます。リリース日を迎えて無事にHPに掲載されたときが、一番やりがいや達成感を感じる瞬間ですね。
現在は海外の会社と日本の会社との橋渡しをする業務(ブリッジSE)を担当しています。言葉の壁もあって、相手に意図が上手く伝わらなかったために、期待した回答が得られない事があって、仕事の難しさを感じるときもあります。そんなときには、先輩社員からアドバイスをもらったり、相談に乗ってもらったり、助けてもらっています。
そもそも会話をするのが得意ではなかったので、黙々とPCに向かうイメージがあったITエンジニアになりたいと思っていたのですが、実際の職場ではコミュニケーションを取る場面が多く、そこは入社前と入社後で感じたギャップでした(笑)。今では、昔ほど話をすることに苦手意識は薄くなっていると思いますので、職場の雰囲気は大切ですね。

T.Tさん

自分の場合も一般の方の目に触れるシステム開発をしているので、日常生活の中で開発したものを目にすると、同じくやりがいを感じます。
この仕事は経験がモノを言うこともあって、分からない事が出てくると、何から手を付ければ良いのか判らないケースがあります。そういうときにこの仕事の難しさを感じますが、前の日まで分からなかった事が、次の日に分かったりすると、日々成長しているなあと実感できるのが嬉しいです。
去年は新人をサポートする役割のアドバイザーに就任したので、新人には「仕事を楽しんで欲しい」という気持ちで接しました。もちろん仕事上の悩みを真面目に聞くようにしていましたが、冗談混じりに色々と話かけたり、見かけたら声を掛けたりするように心がけました。
結局、サポートしていた新人からは、悩みらしい悩みを聞いた事がないし、自分自身を振り返ってみると、自分の新人の時も悩みらしい悩みがあった記憶がないんですよね。そういう意味では、先輩社員から声を掛けてもらったり、フォローしてもらったので、1年目を安心して大きな悩みなく過ごせていたのかも知れませんね。

Y.Yさん

私の担当業務は、一般の方が目に触れるシステムではなく、お客様が利用されているシステムになります。上流工程の要件定義から設計、開発、テストと一通りの工程に関わることが出来たことにやりがいを感じますね。
主に担当しているのは、調査やシステム障害対応で、主にJavaやC#などの言語を使ってます。 自分の場合は、入社してから思ったよりも報告書など資料作成することが多いと感じました。会話についてはあまり抵抗感ないのですが、文書作成にはちょっと苦手意識があったので、「これは練習しなくては」と思いました(笑)。
それと、新人研修が終わった直後からすぐプロジェクトに参画したので、それにも驚きました。最初は、何をどうしたらいいか、どう調べたらいいのかわからず苦労しましたし、今でも難しさを感じる事があります。しかし、日を追うごとに経験や知識が増えてきて、スムーズに対応が出来るようになってきました。
さらに情報の整理の仕方も、先輩のやり方をみているうちに覚えることができました。今は、「1年後に見ても分かるように」という意識で資料をまとめるようにしています。いきなりの業務で苦労しましたが、今思うと良い経験だったと思います。
また長い間、同じプロジェクトに携わっているので、周りの方々との信頼関係が少しずつ築けていますし、黙々とモニターの前でプログラミングをするだけではなく、会話が飛び交う職場を理想だと思っていたので、今の職場ではとても楽しく仕事をさせて貰ってます。

楽しみながら、さらに自分を成長させる職場環境

Q4:入社して良かったと思う点は、どんなところですか?

Y.Yさん

仕事をしていて、社員一人一人を良く見ていると感じる時です。
たとえ職場が自社内ではなくても、ちゃんと評価をして貰っていると思いますし、何より困っている社員を見捨てるのではなく、社員同士で助け合う体制が整っていると感じる事が多いですね。これは直ぐに出来る事でもないので、諸先輩方々から代々受け継がれている体制なのではないかと思います。
また、職場が離れている上司も定期的に面談をしてくれたりと、困った事があれば助けるという空気感が好きです。

M.Mさん

やっぱり元々話をすることが苦手だった私が、苦手意識が薄れて来ている事を考えると、職場の雰囲気が良いからだと思います。
私も困っている社員を助ける社風が良い所だと思います。
三人の写真

T.Tさん

私は宮崎で働いているのですが、住み慣れた地元宮崎に拠点を置きながら、時々東京に出張してお客様と直接打ち合わせし、最新の技術に触れ、また宮崎に戻って開発が出来る環境が嬉しいです。
この業界はセキュリティの問題や制約などがあり、なかなか自社の開発拠点に持ち帰って開発を行うことは許可されないケースが多いのですが、セキュリティが設備面でも管理体制の面でも整っていることや、先輩方がお客様と長年築いてきた信頼のおかげで、今の環境が実現出来ていると思います。

1日の仕事の流れ

T.Tさん

9:00

出社、メール確認、当日の作業確認

9:30

開発業務

12:00

昼休み

13:00

開発業務、障害対応

17:30

翌日の作業確認

18:00

退社

Y.Yさん

9:30

出社、始業申請入力、メール確認

10:00

お客様作業依頼確認、実施

11:00

お客様調査依頼確認、調査作業(作業依頼一時中断)

13:00

昼休み

14:00

調査作業

15:30

お客様作業依頼実施(再開)

18:30

終業申請入力

M.Mさん

9:00

出社、前日の残作業確認、スケジュール確認など

9:30

メール確認、PJメンバーとの朝会

10:00

資料作成

11:30

問い合わせ対応

12:00

昼休み

13:00

開発内不具合調査

15:00

資料作成

17:45

休み時間

18:15

資料作成

20:00

翌日の業務を確認して退社

リストに戻る

エントリーはこちら!!